Indigenous

Indigenous

Indigenous peoples are people, communities, and nations who claim a historical continuity and cultural affinity with societies predating contact with Western culture. These peoples consider their local cultures to be distinctly separate from contemporary Westernized cultures, and many continue to assert their sovereignty and right to cultural self-determination.

Many indigenous cultures represent a prominent minority within Westernized majority-culture societies, and they are usually intentioned towards preserving, reviving, and enhancing the cohesion and uniqueness of their traditional social values and customs, along with a conscientious effort to transmit this knowledge to future generations. Several widely accepted formulations, however, which seek to variously define the term indigenous peoples have been put forward by a couple of other prominent and internationally recognized organizations, such as the International Labour Organization and the World Bank.

Other related terms for indigenous peoples include aborigines (listen), aboriginal people, native people, first people, fourth world cultures and autochthonous. "Indigenous peoples" is the most recent and neutrally-worded term, and it is the preferred term in use by the United Nations and its subsidiary organizations.

Indigenous Information Network (IIN) is a non-profit, Non Governmental Organization (NGO) registered in the Republic of Kenya under the Non Governmental Organization Act of 1990.

It was founded in 1996 and was legally registered in 2001. The organization was founded by a group of professionals in response to addressing needs particularly regarding availing information through media and other channels about Indigenous Peoples, their livelihoods and challenges they face as they struggle to exist. The organization has been managed by volunteers since 1996 and has been involved in dissemination of information, environmental conservation activities, community development, and advocacy activities in support of Indigenous and Minority Peoples in the region.

The mission of the Indigenous Information Network (IIN) is to enhance and maintain the capacity of indigenous peoples to protect their rights and participate in development. The IIN works with information dissemination and networking, research, socio-economic empowerment, human rights, cultural and environmental conservation, gender mainstreaming and HIV/AIDS and related health problems. Website with information about indigenous peoples of Africa, especially about the San.

The website has links to different indigenous organisations (IPACC, WIMSA, KURU, SASI) - see below for URLs.

The Indigenous Peoples of Africa Co-ordinating Committee (IPACC) is an advocacy network of indigenous peoples organisation in Africa.

IPACC has over 70 members around the continent. It's Annual General meeting is held during the UN Working Group on Indigenous Populations (UNWGIP) in Geneva, Switzerland each year. Every second year the membership elects a representative body which functions as the IPACC Executive.

Internal page

Our History SSRIが強迫性障害に効くというのは、あきらかにオカシイ。眼窩前頭皮質、帯状回の前部、尾状核(線条体の一部)の活動の高まりが強迫性障害の原因で、CTで取ると、強迫性障害の患者は、その部分が発熱しているのがわかる。つまり、うつとは、まったく逆で、脳は活発に動きすぎている。・・・

うつ百万人時代 うつ百万人時代だそうで 10年で5倍に増えたんですか? すごい成長率だ・・・

an・anの男性ヌード記事 an・anの男性ヌード記事が最近イケイケですごいらしい。ジャニタレ脱がしまくりみたいな。

トヨタがF1撤退 今年優勝がなかったら撤退濃厚とは言われていたけど、そうなってしまいましたか。

宙に浮いた年金5000万件 乗り遅れた話題ではあるが、宙に浮いた年金5000万件が発生した理由は、名前(ひらがなの読み)をデータベースのキーにしていたかららしい。

外貨準備高減少 外貨が減るというと、貿易不均衡で輸入超過なのかなとも思ったが、今回の減少原因はそこではなく、アメリカの金利が上がったことにより、日本が保有している米国債の価値が下がったから、外貨が目減りしたってことなんだそうだ。

others その他

友達と旅行に行く事になったのですが、その友達が困ったことにだいの高所恐怖症。飛行機が苦手な人なんです。
そんな事で、3時間ぐらいなら大丈夫と言う事から、行先はグアムに決定。サイパンも検討したけど、日本でいろいろ調べてみると、どうやらグアムの方がいろいろな施設があって、オプショナルも充実してそうでした。
周囲に話を聞いてみると、「スポーツがいろいろ充実していて安かった」とか「海がキレイで食べ物がダイナミック」と、いい話ばかりなので、決めてしまいました。

グリル・アット・サンタフェ 、グアム、プレゴ 、ピエトロ、レストラン グアム、TGIフライデーズセイルズ BBQ、藤一番ラーメン

グアムのオプショナルツアーや、 ゴルフ グアムの公式サイトはグアム ゴルフ、ゼクシオ最新情報。

セイルズバーベキュー、シェラトン、グアム、ココパームガーデンビーチ、アルパンビーチクラブ等の最新情報

セイルズバーベキュー、シェラトン、グアム フリースポット、ココパームガーデンビーチ、アルパンビーチクラブ等の最新情報

いろいろな情報を、日本から集めてグアムにのぞんだ訳ですが、現地ではあらゆるところで日本語が通じたから、何の不便も無かったし、現地でもフリーペーパーなどがたくさんあって、情報収集には事欠かなかったわけです。
おかげで、マリンスポーツ三昧と、美味しいロブスターやステーキののお店を発見したり、しかもリーズナブルで、とっても楽しいいひと時を過ごせました。
また、まとまったお休みが取れたら、プラッと出かけたいと思います。


幼いころから刀に憧れを抱いていた私は、居合を始めたい・・・と常々思っていましたが、家族の反対がありなかなか踏み切れませんでした。それでも、性懲りも無く休みの日は、刀屋さんを訪ね歩き、ひたすら刀に見入っていました。
良く行くお店の方にいろいろお話を聞いているうちに、やはり居合への思いは強くなり、その日は許可を得ようと家族の説得を試みました。お店の方のアドバイス通り、はじめは模造刀で練習をすると言う事で、正しく使用すれば決して危ない事は無いと説明しました。


私の家族は、居合刀も模造刀も「危ない刀」とひとくくりだったため、きちんと説明したことで、理解を深めてもらい、やっと居合を始める許可(家での)がおりました。あとは、私好みの模造刀を購入するだけですが、いまからどんなものにしようか、自分好みにオーダーをしてしまおうか・・・と期待で胸がいっぱいです。この年で幼いころの夢がかなうって、うれしいものですね。


私は最近自動車保険の更新をしたばかりだ。保険会社の担当者は家族の知り合いの人だ。毎年アポ無しで面談にやってくる。来るなら前もって言っていただければありがたいのだがやはり知り合いなので細かいことは言いづらいのである。例年はこれだけになります~じゃあ印鑑を押してねという流れで早く終わるのだが今年はとことんいろんなことを聞いてみた。まず、今年から震災の影響で自動車保険の料金が少しずつ上がっていくらしい。

今私は無職なので少しの上昇でも蓄積されていくと払っていけるのかなと不安になった。そこでまず考えたのが事故をした時、相手側の人身損害と物損は無制限ではずせないのだが、こちら側の物損のプランをなくすということだ。これで1500円ぐらいは減らせるらしいが担当者に猛反対された。これを取ってしまうと保険をかける意味が半減するらしい。

事故を起こして双方の話し合いで補償の額を決める際にもめて結局払ってくれないケースもあり、それを代わりに立て替えてくれるシステムがあるのだがこちら側に物損のプラン付けてないとそのシステムは適用されないらしい。知らなかったとはいえ高くて自分の側の物損のプラン付けて無かった時代もあったのですけどと言いたい。


青汁を飲むきっかけとなったのが、主人の毎年一回受けている健康診断の結果が悪かったからです。中性脂肪にコレステロール、血糖値と引っかかった箇所を見ると、やはり運動不足と食事内容が原因だったように思います。結果を持って医者へ行き、今後の生活習慣を改めていくように指導を受けました。

私にできることは食事内容をヘルシーなものに変えて作ることぐらいです。サラサラ血になると言われている玉ねぎも毎日、サラダとして食べてもらいました。野菜中心の生活を心がけていましたが、会社でのランチには野菜類が少ないらしいので、粉末スティックを持っていってもらいました。ランチの時に水に混ぜて飲むだけで、手軽に野菜を摂取出来ます。出張も多かったので、その時は多めに持って行ってもらい、ホテルで飲むようにしてもらったのです。毎日の食事をヘルシーに変えることと青汁を飲むという習慣、そして毎日一時間のウォーキングで中性脂肪とコレステロールが一気に減りました。血糖値は少し減ったぐらいで、まだまだ努力が必要ですが、サラサラ血になってホッとしています。この生活を続けていき、健康的な生活を送っていきたいです。


佐野市 不動産賃貸
東京 審美歯科
東京 店舗
逗子の不動産